TOP >  糖尿病の原因

スポンサードリンク

糖尿病とメタボリックシンドロームの関係

最近メタボリックシンドローム(略称:メタボ)という言葉をよく耳にしますが、代謝異常症候群という意味で、高血圧・内臓脂肪・脂質代謝異常などが重なって起こる状態であることを意味します。メタボは、糖尿病とも関係が深く、高血糖もメタボの代表的な要素になります。メタボになった状態は、糖尿病のリスクを高めてしまう危険があるといわれています。
メタボになる人は、肥満の人が多く、糖尿病を発症しないためにも、ダイエットをして、痩せることが大切です。内臓脂肪が減ると、インスリンの作用がよくなり、血糖値も正常に近づき、糖尿病にとってもとてもよい状態になります。

肥満は動脈硬化を進めますし、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症の危険があります。それらの危険を避けるためにも、減量して、体内環境を良い状態にすることはとても大切なことなのです。メタボリックシンドロームは、糖尿病の原因でもあり、太りやすい体質の人や、血圧が高めの人は、特に注意してください。

厚生労働省では、2008年から、メタボ予防の制度を導入し、メタボ検診などの対策を義務付けました。糖尿病予防のためにも、メタボ予防は大切ですから、これからは健康診断でメタボリック対策ができますから、それを活用して、糖尿病やメタボの予防に力を入れてみてはいかがですか。


関連エントリー

糖尿病とメタボリックシンドロームの関係   糖尿病と喫煙   糖尿病と肥満の関係   糖尿病の原因とは  

検索

SEOタグ

    • seo