TOP >  糖尿病の原因

スポンサードリンク

糖尿病と喫煙

「百害あって一利なし」といわれるタバコですが、タバコは体にとってとても有害です。糖尿病にとっても、悪い影響を与えると言われています。

タバコは食べ過ぎや運動不足などと同じように、糖尿病を悪化させる要因であると言われています。糖尿病は、血糖値が上がり、多くの合併症を引き起こします。喫煙も心筋梗塞などの要因となり、糖尿病の傾向のある人にとっては、リスクを高めてしまう危険があります。

糖尿病患者の血液は、高血糖のため血液の粘度が上がり、血流が遅くなりますが、喫煙によってもニコチンのため血小板がくっつきやすくなり、血行が悪くなることがわかっています。つまり、糖尿病の人が喫煙することにより、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症、動脈硬化の危険性が高まり、重篤な合併症を引き起こす可能性があります。
糖尿病にタバコは厳禁であると言われますが、健康被害がとても大きなものだからです。糖尿病の治療を効果的に進めるためには、禁煙するように心がけましょう。

血圧が高めの人は、禁煙することにより血圧が下がることもあり、胃腸も健康になります。禁煙は肺がんを避けるにも効果的です。最近では、ニコチンパッチなど、禁煙の薬も良いものが発売されており、糖尿病対策のためにもこれらの薬を利用されたらいかがでしょうか。


関連エントリー

糖尿病とメタボリックシンドロームの関係   糖尿病と喫煙   糖尿病と肥満の関係   糖尿病の原因とは  

検索

SEOタグ

    • seo