TOP >  糖尿病の原因

スポンサードリンク

糖尿病と肥満の関係

肥満は、糖尿病を発症させる最大の原因です。タバコやアルコールと並び、健康を害する要因として、肥満はできるだけ避けることが望ましいものです。

糖尿病の可能性がある人には、肥満の人が多く、また、肥満は、動脈硬化や心筋梗塞など多くの疾病を引き起こす可能性があります。糖尿病予防には、肥満にならないことが大切です。つまり、肥満は、悪い影響を与えるものなのです。
体内には、脂肪細胞というエネルギー源を貯蔵している細胞がありますが、肥満になると、脂肪細胞がインスリンの血糖降下を邪魔する作用をすることがわかっています。糖尿病にとって、この作用はとてもマイナスな現象です。したがって、糖尿病予防には、肥満を防ぐことがとても大切なのです。

また、インスリンの感受性を健康な状態に近づけることが、糖尿病治療の大きな目的ですから、肥満になっているとこの治療ができないのです。減量をすることで、血糖値コントロールが容易くなり、肥満の人は、食生活、適度な運動を心がけ、ダイエットに努めてください。

糖尿病にとって、肥満は大敵で、痩せることが糖尿病治療の効果を上げ、症状をよくすることにもつながります。


関連エントリー

糖尿病とメタボリックシンドロームの関係   糖尿病と喫煙   糖尿病と肥満の関係   糖尿病の原因とは  

検索

SEOタグ

    • seo