TOP >  糖尿病の治療

スポンサードリンク

糖尿病の食事療法

糖尿病は、まず食事療法から始められます。血糖値のコントロールを行うためには、運動療法や薬物療法も大切な治療ですが、基本は、食事療法をきちんと行い、バランスの良い食事で、糖尿病の症状を改善することが大切です。

糖尿病の食事は、ただ、摂取カロリーを減らせば良いというわけではありません。その人に合った必要エネルギーを算出し、栄養バランスが良く、血糖値を上げる食品を避けた食事をするように心がけます。

糖尿病の食事の特色は、80Kcalを1単位として、計算します。カロリー計算は、食品交換表と言うものを使い行います。糖尿病の患者は、それぞれに決まった単位数で食事を用意します。食品交換表は、表1は、穀物・いもなど、表2は果物と言うように、食品の組成成分の違いで分類されており、表ごとに食べてよい単位数が決められています。
同じ表にある食品であれば交換ができますが、違う表との食品とは交換ができません。糖尿病患者の食事メニューは、決められた単位の中で食品を組み合わせます。

糖尿病の食事療法をきちんと行うために、食品交換表だけでなく、電卓・献立ノートを作成しましょう。食事メニューを家族に任せる場合、糖尿病患者用の食事を別メニューで作るより、家族と一緒の食事で、量を少なくしたり、小皿に取り分けるなどの工夫をして行ってください。食事療法は、最初はとても難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単です。糖尿病の改善は、根気よく継続することがとても大切で、効果があります。


関連エントリー

糖尿病の食事療法   糖尿病の治療法  

検索

SEOタグ

    • seo