TOP >  糖尿病の判断基準

スポンサードリンク

糖尿病の判断基準

糖尿病判断する場合、血糖値を測って、判断します。

日本糖尿病学会の診断基準が、糖尿病の判断にあてられ、その基準値には、3つの条件がついています。1、空腹時の血糖値が126mg/dl以上であること。2、随時血糖値(食事の有無に関係なく、随時行われること)3、ブドウ糖負荷試験で2時間値200mg/dl以上であること、の3つの条件です。これらのうち、ひとつでも該当する場合、「糖尿病型」という、糖尿病の疑いが強いと判断されます。

しかし、糖尿病は判断ができにくい病気といわれております。食事や運動、起床すぐの場合など時間帯によって血糖値は大きく変化しますので、糖尿病であると診断されていても、再検査では問題が無かったり、また、その逆のパターンもあります。できることであれば、複数回検査を受け、誤診を避けるようにしてください。

また、境界型糖尿病という糖尿病もあります。これは、空腹時血糖値が110mg/dl未満でブドウ糖負荷試験は2時間140mg/dl未満の状態が正常なのですが、この正常値を超えているが、糖尿病の基準にはなっていない場合の状態です。
境界型糖尿病は、糖尿病予備軍とも言われており、生活習慣を見直すなどの対策をしなければ、糖尿病を発病する危険性が高く、健康のためにも生活改善に努めましょう。


関連エントリー

糖尿病の判断基準  

検索

SEOタグ

    • seo