TOP >  糖尿病の症状

スポンサードリンク

糖尿病の症状とは

糖尿病症状には、いろいろな症状があります。代表的な症状を知ることで、糖尿病の早期発見に役立ててください。

よく知られているのは、のどの渇きや疲れやすくなることです。糖尿病患者は、インスリン不足により、血糖値がいつも上がっている状態になっており、のどが渇き、多飲・多尿と言う症状が現れます。運動した後、気温の高い場所にいるというような理由があるわけでもないのに、とてものどが渇き、水分が欲しくなる時には、糖尿病を疑ってください。

また、糖尿病は、体がだるかったり、疲れやすかったりという症状もよくあります。体力をつけなければと、食事量を増やしたりすると、糖尿病を悪化させることにもなり、このような症状がある場合は、迅速に医師の検査を受けてください。

反対に、食欲が増してしまう場合もあります。糖尿病は、インスリンが不足していますから、「満腹ではない」と言う信号を脳に送ってしまうのです。
しかし、糖尿病患者の中には、とても痩せた人もいますが、この症状は、エネルギー源のブドウ糖が尿と一緒に排出されますので、脂肪エネルギーに依存することになり、知らない間に体重が減っており、医師の検診を受けると、糖尿病が悪化していたということになります。

糖尿病の疑いがある場合は、速やかに医師を受診し、血液検査を受け、早期発見ができるようにしてください。これは、糖尿病の予防にもつながります。


関連エントリー

自分でできる糖尿病チェック   糖尿病の症状とは  

検索

SEOタグ

    • seo