TOP >  糖尿病の種類

スポンサードリンク

糖尿病の種類と特長

糖尿病といっても、いくつかの種類があります。糖尿病は、その種類によって発症する原因や過程が違い、それを知っておくことも大切です。

先天的な体質により糖尿病を発症する場合もあり、1型糖尿病とは、すい臓あるインスリンを作るβ細胞が破壊され、インスリン不足となり、糖尿病を発症します。1型糖尿病は、8歳前後に発病することが多く、小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病といわれており、後天的に発症する糖尿病とは分けられており、この糖尿病は、毎日インスリン補充が必要です。
2型糖尿病といわれる糖尿病が、たくさんの患者がいます。糖尿病患者の90%以上がこの2型糖尿病患者であり、これは、不規則な生活習慣による肥満などが原因となります。肥満によりすい臓がダメージを受けて、インスリンの分泌機能が低下し、糖尿病を発症します。

妊娠中にかかる糖尿病もあります。妊娠糖尿病といわれるもので、妊娠によりホルモンバランスが崩れ発症します。妊娠中毒症や発育不全などの、危険な影響も考えられますので、妊娠中はとても注意しなければなりません。
また、2次性糖尿病といわれる、すい臓機能低下やホルモンの過剰分泌により糖尿病になってしまうことがあります。境界型糖尿病(WHOでは耐糖能障害と呼びます)と言われる、糖尿病と正常の境目にある糖尿病があります。


関連エントリー

糖尿病の種類と特長  

検索

SEOタグ

    • seo